京都駅近く 東本願寺すぐ前 民宿と宿坊の良さを兼ね備えたお宿 となみ詰所
砺波詰所 〒600-8174 京都府京都市下京区不明門(あけず)通
花屋町下ル高槻町361 TEL&FAX 075-351-6468
イメージ
トップページ
砺波詰所の歴史
館内・客室
宿泊料金
ご予約について
交通アクセス
付近の見どころ
東本願寺を知る
京都観光ナビ
富山ふるさと開発研究所
◆お問い合わせ◆
TEL075-351-6468
砺波詰所へようこそ
 京都東本願寺の門前町に数百年の歴史が息づく詰所として運営いたしております。歴史を刻む京都の町並みに溶け込む外観や風情ある階段、廊下、中庭など美しい建築美と純和風の趣に日本文化を感じとっていただける事と思います。これといったおもてなしはできませんが、京都駅に近く安心、安全、低料金でどなた様にも気軽にご利用いただけます。郷土、砺波(富山県)を愛する方、京都で癒されたい方、ぜひ一度訪ねてみてください。
 東本願寺は江戸後期(1788)から幕末(1864)にかけて四度の焼失に遭いましたが、そのつど僧俗門徒の力の結集により再建されました。
「となみ詰所」は東本願寺再建のため越中(現在の富山県)砺波(となみ)地方から上京してきた人足奉仕団の寄宿舎として始まり、明治の再建完了後は本山(東本願寺)にお参りする御門徒のための宿泊所として本山の念仏興隆と郷土の精神文化形成に多大な貢献をしてきました。
 先人の願いを受け継いだ「となみ詰所」は現在では全国から京都へ来られる方々の出会い・語らい・安らぎの宿として、宿坊と民宿の良さを兼ね備えたお宿としてどなた様にもお気軽に利用いただいております。
庭 玄関 砺波詰所外観写真
このサイトのすべての写真および文章などの無断転載をお断りいたします。京都・砺波詰所